不動産の非公開物件とは

ホームへ戻る >  キッチン改築・建築で大切なこと  > 不動産の非公開物件とは

広告などによって一般に情報が公開されない物件広告などによって一般に情報が公開されない物件のことを「非公開物件」といいます。非公開物件は不動産の約半数を占めるともいわれており、いわゆる「掘り出し物」と呼ばれる物件も少なくありません。


非公開物件となるケースにはいくつかの理由が挙げられます。例えば、決算時期にあわせて在庫処分をする場合、価格を大幅に引き下げて非公開物件として売りに出すことがあります。価格を下げると、すでに売買が成約してしまった不動産と不公平感が生じることから、あえて広告などを出さずに売買することになります。特に不況の時期には非公開物件として売り出される不動産が増加するといわれています。


一部のマンションなど、人気の高い物件については、建築が完了する前に予約で売り手が決まってしまう場合もあります。これらの物件についても宣伝広告は出ませんので、非公開物件と同じ扱いになります。

非公開物件は特に貸しビルや貸しオフィスなど、賃貸物件に多いといわれています。これは、その不動産のオーナーが、他の借主に賃料の値下げを知られたくないために非公開という処置を講じるためです。貸し手としては、空室をそのまま放置しておくより、賃料を下げてでも賃貸してもらったほうが収益につながるため、当然の措置といえます。


非公開物件は、原則として情報誌やネットでは見つかりませんから、不動産業者に直接コンタクトを取って探す他ありません。特に地域密着型の業者ほど、扱っている非公開物件の数も豊富だといわれています。