マンション購入と一戸建て購入

ホームへ戻る >  キッチン改築・建築で大切なこと  > マンション購入と一戸建て購入

終の棲家を探そうと決断した時終の棲家を探そうと決断した時に、マンションを購入するか、一戸建てを購入するか悩まれることもあるかと思います。マンションは、一戸建てを購入するよりも費用が安く済みます。また集合住宅でもプライバシーを守ることができる構造で建築をしていますので、ご近所づきあいも安心できることでしょう。ですが、毎月の維持費や管理費などで数万円単位管理組合に支払わなければならないリスクも生じます。


一戸建ては、土地・家屋の建築代金でマンションを購入するよりもはるかに費用がかかってしまいますが、土地を手に入れられる大きなメリットがあります。土地の広さや周辺環境で建てられる家の大きさが決められてしまうデメリットもありますが、自分の好きな間取りで家を建てる事ができますし、ピアノやオーディオ等を使用する時には、気兼ねなく使うことも可能になります。

ライフステージを考えて、一戸建てのマイホームを持つかマンションを購入するかは、ライフスタイルにもよる事でしょう。マンションで暮らすことがステイタスだと位置づけている方も多いでしょうし、地に足を付けた生活をしたいと考える方もいるということは否めません。経年経過とともに住まいが老朽化した場合、修理にあまり経費がかからないのは、実は一戸建てです。マンションでは、毎月老朽化した時のための修理費などを積み立てをしていきますが、修理中は長期間、生活に支障をきたす場合もあります。こう言ったメリット・デメリットを考慮して、最善の方法を決められるとよいでしょう。