マイホームは長く暮らせる環境を

ホームへ戻る >  キッチン改築・建築で大切なこと  > マイホームは長く暮らせる環境を

マイホームマイホームは20年、30年と暮らし続けることを念頭に入れて購入するものです。ですから将来的な環境の変化も頭に入れたうえで物件の選択をしなければなりません。流行に流されたり、見栄えのよさなどで選んでしまうと後で後悔することにもなりかねません。


まず建物そのもののチェック。もっとも基本となるのが地盤です。地盤が弱い土地に家を建てる場合、後で傾きなどの問題が生じてしまったり、それを防ぐために余計な工事をしなければならなくなります。なるべく地盤が固い土地を選ぶことがマイホーム選びに欠かせないポイントです。

それから建物内部の間取り。将来家族が増えた場合、逆に子供がひとり立ちして減った場合に備えた間取り選びが必要になってきます。たとえば子供が出て行った後、2つの部屋を1つの部屋にできるよう取り外しやすい壁にしておくこと、逆に子供部屋の場合は広い部屋を家具や扉などで仕切って複数の部屋にするなどの工夫も環境の変化に対応するための秘訣となるでしょう。部屋の境界を引き戸に設定することで、開放と閉鎖が自在にできるような設計にするのも効果的です。


マイホームを建てる際には10年後、20年後に家庭環境がどのようになっているのかを具体的にイメージしておくことが重要です。将来的には夫婦だけで済むことになるかもしれませんし、孫と一緒に生活するかもしれません。そうした想定に柔軟に対応できるような建物にすることもマイホームには求められるのです。