歯列矯正についての基本的な考え方

ホームへ戻る >  リフォーム会社に頼む「トイレ・洗面所編」  > 歯列矯正についての基本的な考え方

歯列矯正は、歯並びを整えるための矯正治療のことです。歯並びが悪いままだと、噛み合わせが悪くなったり、歯磨きがしにくいといった問題が生じてしまいます。また、顔全体が与える印象としても、歯並びが美しい人と歯並びが悪い人とでは大きな差があるといえます。そのため、矯正装置によって歯に力を加えることで形を整える必要があるのです。


歯列矯正では、一般的にワイヤーによって歯並びを整えるブラケット型の矯正器具が知られています。他にも、治療中だということがわからないように歯の裏側に取り付けるタイプのものもあり、いろいろな方法の中から選ぶことができるようになっています。

そもそも歯列矯正は、絶対にしなければいけないものではありませんでした。しかし、噛み合わせが悪いことから生じる、虫歯や肩こりといった弊害や、姿勢が悪くなるといった問題がクローズアップされるにつれて、その必要性が高まってきたのです。


子供のうちに済ませておかなければいけないと思われがちですが、実際は永久歯に生え変わってしまってからの方が矯正しやすいのです。ただし、年齢が高くなればなるほど治療にかかる時間が長くなるので、歯がすべて生え変わってすぐの頃が良いと言われています。


いすれにしても歯列矯正は、健康的な生活をする基礎を作ることにもつながります。前述のとおり、絶対に直さなければいけないものではないにせよ、放置しておくことで様々な問題が生じることがあります。ですから、治すことでより良い健康的な生活を手に入れることができるのです。