賃貸の間取り

ホームへ戻る > 賃貸の間取り

歯周病と被せ物との関係
歯周病と歯ぎしり
アブトロのボディメイクのメカニズム
総入れ歯の種類(金属床義歯)
環境問題とCSR活動

賃貸の物件探しをする時に気をつけてほしいのが、間取りをよく考えて選ぶことです。単純な広さや立地条件、周辺環境を重要視する人は多いのですが、中には間取りのことを軽視している人がいます。いざ住みはじめてから後悔することがないように、現地見学をしっかりとして納得できる部屋を選べるようにしてください。


賃貸の間取りで勘違いしがちなのが、実際に家具を置いた状態を想定していないことです。例えば細長い部屋の場合、ベッドを置いたら通路が狭くなります。さらにその反対側に収納スペースを用意したら、ようやく通るので精一杯な狭さの通路になってしまいます。またロフトで眠るようにしようと思っても、実際にはしごを使うと意外と怖いことがあります。酔っ払っている時には、絶対に利用したくありません。こういうことが起きるので、実際に自分の目で見てチェックする必要があります。

賃貸の間取りで重要なのは、他にも色々なことがあります。コンセントの位置はどうなっているのかだけでも、家具の配置にかなりの制限が出てくることがあります。延長ケーブルを使う方法もありますが、タコ足配線が酷くなると危険なので、そのことも考えていかなければなりません。


どんな間取りになっているのかは、間取図を見ればチェックできます。しかし、そこには限界があることを覚えておいてください。せめて部屋を選ぶ時には、どういう使い方をするのか考えてチェックするようにしてください。