歯周病と被せ物との関係

ホームへ戻る >  賃貸の間取り  > 歯周病と被せ物との関係

虫歯の治療で被せ物を装着している場合、それが原因で歯周病に発展してしまう場合があります。


被せ物は歯並びや噛みあわせに影響をもたらさないよう慎重に型取りをしたうえで装着することになります。しかし装着したばかりの頃は問題ないと思っていてもしばらく日常生活を送っているといろいろと不都合が生じる場合もでできます。しかしその場合にもよほど気にならない限りは取替えや修正などをしないもの。しかしそんな被せ物の不適合が歯周病の原因となる場合もあるのです。


被せ物が合わない場合や噛みあわせが悪くなった場合、隙間が生じて食べかすなどが残りやすくなります。また歯磨きの際にもブラシが届きにくくなるため、口内の衛生状態が悪化してしまう可能性が高くなります。そこにプラークが付着し、細菌の繁殖をもたらしてしまうのです。

逆に歯周病の治療方法として被せ物の修正という方法が有効になる場合もあります。被せ物をチェックし、プラークが付着しやすいような状態にないかを調べたうえで問題ありと判断された場合は修正や取替えを行うのです。プラークが付着しにくくなったり、歯磨きで除去しやすくなることで適合する被せ物に変更するだけで歯周病の悪化を防ぐことができるのです。


このように、歯周病と被せ物の関係は無視できないものがあります。被せ物が不適合だと頭痛などの原因になることもあります。それだけに日ごろ違和感を感じている場合にはできるだけ早く歯科医院を訪れ、相談するようにしたいものです。