総入れ歯の種類(金属床義歯)

ホームへ戻る >  賃貸の間取り  > 総入れ歯の種類(金属床義歯)

総入れ歯の種類の一つである金属床義歯は義歯床が金属で出来ており、特徴としては、ほとんどの症例で使用できる。入れ歯自体を薄くできるため発音がしやすかったりする。汚れがつきにくく、金属の為割れにくく強度に優れる。熱伝導に非常に優れているため熱さを感じることができる。清潔であるという点です。デメリットとしては、噛む力が弱い、修理が容易にはできない。値段が高い。外れやすい。金属アレルギーの原因となる可能性がある。調整が必要。という点です。お値段の方は保険適用外なので、上下どちらか片方のみで相場では15万円~50万円程です。保険適用品と比べて高くなるのは当たり前ですが、薄く使用できるため装着感覚がプラスチックと比べると違和感が少ないようです。金属なので、清潔感を重視している方には汚れがつきにくい特徴を持っている為良いでしょう。

どの製品にも一長一短があるのは当たり前のことであり、重要なのは自分の現在の歯の状況にあったものを歯科医と相談の上、しっかりと選ぶことです。メリット、デメリットを把握した上で、まずは保険適用入れ歯を念頭におき、保険適用外の入れ歯も頭に入れておくと客観的な判断ができやすいと思います。重要なのは一人の判断で決断しないことです。周りの知人でもいいですし、家族でもいいですし、とにかく相談して最終的に歯科医と良く話しあって決めることが良い入れ歯の選び方でしょう。