体型別のウェディングドレスの選び方

ホームへ戻る >  拒食症と薬物療法  > 体型別のウェディングドレスの選び方

体型の違いでも似合うウェディングドレスの形は変わります。選び方を工夫することで、新婦さまの個性をぐんと引き立てるドレスが必ず見つかります。一番苦労されるのは、ぽっちゃり型や妊娠中の新婦さまではないでしょうか。お腹をできるだけ目立たせたくないという方にお勧めしたいウェディングドレスの選び方は、バストの位置で切り替えがあるものをチェックしましょう。ウエストの切り替え位置から伸びるシフォンやチュールのオーバースカートがついているものは、視覚効果でお腹のふくらみをぼやけさせることもできます。早い時点でドレスを決めていても妊婦さまは日に日にお腹が膨らんでくるものです。またお腹のふくらみ方は人それぞれ違います。お腹のふくらみにも対応できるように、背中にレースの編み上げを設けて、サイズ調整が行えるドレスもあります。

身長が高い方は細身のドレスをお勧めします。裾のふくらみが大きくなるほど体を大きく見せてしまいます。身長が高くがっしりとした体型の方のウェディングドレスの選び方は、袖がポイントです。パフスリーブはNGです。デコルテラインを見せてくれるビスチェ型のものを選び、肩のラインをぼかしてくれるストールをまとうと良いでしょう。縦のラインを強調してくれる流れるようなアクセサリーの選び方をすることで、がっちり感を目立たせることはありません。


このようにウェディングドレスだけではなく、アクセサリーの選び方にもこだわることで体型をカバーすることができます。たくさんのアイテムの中から納得のいくウェディングドレスの選び方をしましょう。