タッチパネルの手入れ

ホームへ戻る >  拒食症と薬物療法  > タッチパネルの手入れ

タッチパネルは指で触れたりするため、指紋や手垢などが付着して汚れやすく、見づらくなることがあります。タッチパネルを採用したスマートフォンやカーナビ、パソコン、携帯端末などで、汚れが気になる場合が多くみられます。


タッチパネルの手入れには様々な方法があります。軽い汚れや普段の手入れには、目が細かくパネルに傷がつきにくい、メガネ拭きのクロスなどが便利です。パソコンの液晶パネル用クリーナーでもきれいになります。あまり固い布で拭くことは避け、拭くときはできるだけソフトに拭くようにします。カーナビのオンダッシュナビは静電気でほこりが付くので、こまめに柔らかい布で拭く必要があります。

スマートフォンのタッチパネルの汚れ防止には、直接パネルに噴霧するタイプの水溶性抗菌ワックスなどがあります。抗菌効果で雑菌の繁殖も押さえてくれたり、タッチパネルを滑りやすくして、ピンチ操作をスムーズにする効果もあります。汚れやほこり、傷等からパネルを守るために、専用の液晶保護フィルムを貼るのも有効です。反射防止や防汚コーティング、操作性を向上させる指滑り加工、プライバシーをブロックする覗き見防止加工を施したものや、ドレスアップできるラメ入りのラグジュアリータイプ、キャラクターが周囲に印刷されたタイプ、表面に凸凹のついた特殊タイプ、バックライトOFF時にミラー機能になるものなどがあります。貼り直し可能なものも販売されていて、好みに合わせて選ぶことが可能です。