注文住宅にエコキュートをつける

ホームへ戻る > 注文住宅にエコキュートをつける

注文住宅に太陽光発電を取り入れる
女性が賃貸で1人暮らしをする場合
一戸建ての壁材
一戸建ての給湯設備において
おいしい水がいつでも飲めるのは素晴らしいこと

オール電化住宅では、お風呂や調理、暖房など従来ではガスを使って温水を作っていた機能も全て電力で行う事になります。電力に限らず、資源は使えば使うほど二酸化炭素を排出するので地球にとっては環境汚染につながってしまいますが、環境を汚さずに地球に優しい電気温水器として注目されているのがエコキュートです。注文住宅でもエコキュートを希望する人も多いですし、建売住宅でもエコキュートが最初から取り付けられている住宅なども最近では目にするようになりました。


エコキュートは電気温水器のことで、調理やお風呂など「お湯」が必要な時にニーズに合わせてお湯をすぐに出す事が出来るようなシステムです。従来の電気温水器は、ヒーターなどを使って水を温めていきますが、エコキュートは空気中の二酸化炭素を取り込んで、その熱によってお湯を沸かすと言うシステムになっています。お湯をわかすことで空気中に二酸化炭素を放出するのではなく、逆に空気中の二酸化炭素を取り込んで処分してくれるので、環境にとてもやさしいオール電化設備と言えるでしょう。

注文住宅にエコキュートを取り入れると、最初の購入費用に60万円~80万円程度の費用がかかりますが、毎月の電気代はエコキュートを使わない場合と比べて半額以下に抑える事が出来るので、数年間で元が取れる計算になる事が多いようです。暖房や調理、お風呂など温水を使う機会が多い家庭や地域などでは元が取れるまでの期間も短縮されるため、注文住宅と同時にエコキュートをつける家庭の割合も高いようです。