注文住宅に太陽光発電を取り入れる

ホームへ戻る >  注文住宅にエコキュートをつける  > 注文住宅に太陽光発電を取り入れる

近年では注文住宅の屋根の部分に太陽光発電装置が搭載されている姿を良く見かけるようになりました。太陽光発電システムとは、屋根に載せた太陽電池に日光が当たる事によって発電され、自宅で使用する電気使用量のいくらかを屋根に取り付けている太陽光発電によって補う事ができると言うエコシステム。注文住宅の中でも、平均日射量が多い地域ほど、太陽光発電装置の搭載率も高くなっているようです。


太陽光発電も取り付ける時に初期費用がかかるため、かかった費用を回収するためには数年という長い年月がかかります。そのため、数年ごとに引越しをしている転勤族にとっては、いくら注文住宅を立てても太陽光発電は適していないかもしれませんね。しかし、引越しする予定もなく、希望を全て取り入れて建てた注文住宅なら、太陽光発電装置を取り付けても、毎月の電気代が安くなっていくのを楽しむ事も出来ますし、消費電力よりも発電電力の方が多い場合には、電力会社から電気代を受け取る事もできるのも大きなメリットと言えるでしょう。

太陽光発電には、どんなタイプの電池を使うかによっていくつかの種類に分類する事ができます。最も初期コストがリーズナブルなのは、多結晶シリコン太陽電池。変換効率が最も高くハイパフォーマンスなのは単結晶シリコン太陽電池です。単結晶シリコン太陽電池は人工衛星などにも搭載されている高機能な太陽電池ですが、コストが高いというデメリットがあります。