女性が賃貸で1人暮らしをする場合

ホームへ戻る >  注文住宅にエコキュートをつける  > 女性が賃貸で1人暮らしをする場合

女性が1人暮らしをする場合、賃貸探しの際には男性とは異なる配慮が必要となります。治安の問題もありますし、プライバシーの保護も問題も出てきます。一方ではせっかくの1人暮らしを楽しむための工夫もしたいところ。では女性の賃貸探しではどのような点に気を配るとよいのでしょうか。


まず防犯面。最大のポイントとなるでしょう。これはアパート・マンションそのもののセキュリティー環境も大事ですし、部屋の位置への配慮も必要です。セキュリティー環境では不審者が出入りしないような防犯カメラや管理人の常駐、あるいはオートロック機能などが欲しいところです。また部屋の位置では1階は避けること、2階以上でもできるだけ道路に面した部屋は避けた方が無難です。とくに仕事が忙しくて夜に洗濯物を干す環境では不審者に狙われやすくなります。

一方、1人暮らしを楽しむポイントとしてはインテリアとキッチンが挙げられます。インテリアを楽しめるような空間が求められるのです。日当たりがよく明るい雰囲気の部屋が理想的でしょう。カーテンの色などを工夫して明るく演出することも可能ですが、もともと採光や風通しに恵まれた部屋を選びたいところ。ただしこれは先に挙げた防犯の問題とも関わってくるので十分な配慮が求められます。それからキッチンは料理を楽しめるような空間であること。美容と健康のためにも自炊が求められますし、それを楽しんで行えるような空間が求められます。あとは浴室。1日の貴重なリラックスタイム。女性はとくにこだわりたい空間です。十分なスペースや環境を得られるか、賃貸物件探しの際には必ず目を向けたいところでしょう。