一戸建ての給湯設備において

ホームへ戻る >  注文住宅にエコキュートをつける  > 一戸建ての給湯設備において

環境問題への取り組みもあり、省エネへの関心が高まっています。とくに住宅における消費エネルギーをどれだけ減らすことができるかが重要なテーマとなっています。それだけに家庭内のエネルギーの多くを占める給湯設備の選択は一戸建てを建てる上で重要なポイントとなってきます。


炊事から入浴まで、給湯設備はなくてはならないものです。どれだけ充実した環境を得られるかが一戸建てを選ぶポイントにもなるでしょう。省エネと利便性の両方を把握しておくことも求められます。


給湯設備は大きく分けて3種類があります。まずもっとも一般的なガス給湯器。文字通りガスを使用して給湯する設備です。コンパクトな設備のため住宅の環境に制約されず幅広い住宅に設置できるのが大きなメリットです。なお、ガス給湯器は瞬間的にお湯を出すことができる「瞬間式」に分類されます。

それから電気給湯器。これも読んで字のごとく、電気で給湯する設備です。お湯を沸かして貯めておく「貯湯式」に分類されます。深夜の電力を使用することで経済的な面が大きな魅力でしたが、現在の電力事情から不安の声も上げられています。また、貯湯式なので湯をためておくタンクのスペースが必要です。


もうひとつが石油式。これは石油を燃料にして湯を沸かすもので、コストの安さと湯を沸かすパワーはピカ一ですが、給湯時の音や石油の匂いがネックで、一戸建ての場合には設置場所への配慮が求められます。


こうした選択肢の中から一戸建ての給湯設備を選ぶことになるのです。ガス給湯器がもっとも穏当でしょうが、コストや環境問題も意識に入れながら最適なものを選ぶとよいでしょう。